美大受験予備校。芸大受験予備校。芸大、各大学の入試対策にがっちり取り組みます。東京都にある中央線沿い立川駅徒歩1分の有名美大受験予備校。個人の志望校に合わせた指導体制を整えています。芸大、美大受験の合格基準を知り尽くした講師陣があなたを引っ張っていきますので、実力が飛躍的に伸びます。芸大、美大受験のための学科対策は授業+小テスト+模試で完璧。高1高2基礎デッサン力養成コース。デザイン科、油絵科、彫刻科、日本画科、映像・先端芸術科。建築コース、中学生受験コース。美術系高校受験の方、中学生コースがあります。芸大受験、美大受験をされる方で遠隔地で当学院に通えない方は通信教育をご利用ください。          
  トップ ニュース 資料請求 アクセス 入学申込
7つの特色
合格実績
各科紹介
タチビの選べる体験ゼミ
通信教育

はじめての方へ
デザイン・工芸科 美大学科 油絵科 彫刻科 日本画科 映像・先端芸術科 建築コース
これから美大学科を始められる方へ

美大学科とは


美大受験予備校として全国ではじめて学科の授業を導入した立美は、長年の美大入試研究と豊富な指導経験によって確立された美大直結の学科システムに定評があります。 美大入試の合否はほとんどの大学が実技と学科の合計点で決まります。入試という関門に対峙し通過するために学科を安定させる。学科ができると気持ちに余裕が生まれ、相乗効果で実技も伸びる。これは、タチビの豊富な指導経験に裏付けされた事実でもあります。 合格へ導くタチビ独自の学科システムを、みなさんも実際に体験し、早めに確実な勉強体制を整えましょう。

美術に学科がいるの?

多摩美をはじめ、武蔵美芸術文化、映像、基礎デザイン、東京芸大先端では小論文の試験が課されます。 受験生の創造的な思考力を重視する美大の小論文試験では、単にその場の思いつきで書かれたような文章は評価されません。前期においては、論文作成・添削講評を繰り返しながら、主に多摩美の学科試験で出題される小論文で得点を得るために必要な解題力・構想力・表現力を養います。後期においては、論文作成・添削講評を繰り返しながらも、ここが単に授業の場であるというよりは、知的生産の場、知的対話の場となっていくことを目標としています。論文作成で培われる解題力・構想力は実技試験においても出題者の意図を深く読み取り、柔軟に、かつ鋭い切り口で課題に対応する力として役立ちます。

どんな授業をやるのか

美大合格のために何を、どこまで勉強すればよいのか」 学科の授業では基礎を固め、入試へ向けた効率的な学習方法が提示されます。英語の講義は「文法」「英作文」「読解」から成り立っており、それぞれ確認テストを取り入れ各自の習得度をはかりながら丁寧に授業は進行していきます。国語は厳選された文章の精読に加え、頻出の漢字や語句など知識問題も扱い、総合的な読解能力を高めていきます。結果相当量の美大入試レベルの問題を解くことになり、美大合格に必要な知識の習得とともに、確実に得点するための解答技術が養われます。

授業を受ける時間がない

実技コースに入学された生徒は、月に一回の模擬試験「月例テスト」を受けます。月例テストは、武蔵美・多摩美大入試出題形式そのままの模擬試験であり、月例テストを受けることによって各大学の傾向を熟知できるよう工夫されています。月例テストは採点後、解答解説付きで返却されます。多摩美型模試の小論文では、一枚一枚の答案に講評とアドバイスが詳しく書き込まれます。また各自に個人別成績データ表が配布され、自分の実力の位置を客観的な偏差値によって把握できます。成績上位者はアトリエに掲示します。

foot s
shadow coner