美大受験予備校。芸大受験予備校。芸大、各大学の入試対策にがっちり取り組みます。東京都にある中央線沿い立川駅徒歩1分の有名美大受験予備校。個人の志望校に合わせた指導体制を整えています。芸大、美大受験の合格基準を知り尽くした講師陣があなたを引っ張っていきますので、実力が飛躍的に伸びます。芸大、美大受験のための学科対策は授業+小テスト+模試で完璧。高1高2基礎デッサン力養成コース。デザイン科、油絵科、彫刻科、日本画科、映像・先端芸術科。建築コース、中学生受験コース。美術系高校受験の方、中学生コースがあります。芸大受験、美大受験をされる方で遠隔地で当学院に通えない方は通信教育をご利用ください。          
  トップ ニュース 資料請求 アクセス 入学申込
7つの特色
合格実績
各科紹介
デザイン・工芸科
油絵科
彫刻科
日本画科
映像・先端芸術科
美大学科
基礎デッサンコース
建築コース
総合大学受験コース
美術系高校受験コース
通信教育
タチビの選べる体験ゼミ
通信教育
 
 

各科紹介 > 通信教育 > 油絵総合コース
カリキュラム トピックス 実技参考作品 合格者メッセージ 通信教育学費
通信教育
充実のマン・ツー・マン体制
デザイン・工芸総合コース 油絵総合コース 彫刻総合コース 日本画総合コース 映像・先端芸術総合コース
芸術学・美術教育総合コース 美大学科総合コース      
油絵総合コース

年間スケジュール

通信教育 油絵 カリキュラム
通信教育 油絵 カリキュラム

上図はタチビ全体のスケジュールを表したもので、課題は基本的なものです。
但し、内容は受講時の入試傾向や個々の事情によって変更されます。

トップへ戻る

カリキュラム概要

絵画表現

絵画表現には、その人なりの見方や感じ方があります。同じように描画表現の習得方法も十人十色であるはずです。この考え方から通信教育の制作の在り方を常に研究し、確実にステップアップできる課題を提供できるように努力しています。課題は全7回に分られています。それぞれの時期に必要なカリキュラム内容が設けられ、無理なく確かな実力がつけられていくような指導システムを展開しています。

指導システム

立美から出される課題はひと月2〜3課題のペースで制作し、年間20課題の予定です。毎回の課題一式には付属して参考作品写真や油絵科独自の表現・技法テキストが添付されています。制作上で意識しなければいけない造形的な問題や解釈しなければいけない絵画空間のことまで、できる限り解りやすく解説しています。出題の制作に沿ったテキスト内容により、スムーズな制作が可能となるでしょう。平行して、あなたが疑問に思ったことや質問したい事柄を講師に密接に聞く事のできるように通信ノートを活用しています。このノートの特色は制作上の具体的なアドバイスはもちろんのこと進路やその他の相談事にも親身に話し合える場となっています。また作品を直接持参しての講評はいつでも受けられます。夏期及び冬期講習会参加は直接の指導を受けられる絶好の機会です。また多くの受験生の中で制作することは、自分の作品を客観的に解釈していくことや上達の手掛りをつかむ上で、欠かせない経験となるはずです。

充実したカリキュラム内容

一人一人の資質や個性にあわせて課題内容を考えていきますので、個性的な表現を大切にした指導が行なえます。志望校や経験の度合を考慮し、カリキュラム作成を慎重に考え、無駄の少ない有意義な制作がなされるように気を配っています。

課題は次の3つの基本養成時期を軸に目標の大学に向けて課題の選定をしていきます。

基本的な造形力の養成時期(4月から7月)

身近なモチーフの細密描写を中心に観察力を重視します。石膏デッサンや自画像、風景写生などをとおして基本的形態把握、空間的構造の把握を養います。また対象を素直に見ることから丁寧な見方を培い基礎力の充実を計ります。

イメージ力、構成力の養成時期(9月から12月)

基礎となる描写力の確認を行いながら、写真や資料を用いた画面構成、ものの組み合わせ理論やイメージ的表現を取り入れた構成課題を中心にわかりやすいテキストを用いて行います。油彩画の技法習得のための模写、マティエール研究も課題に盛り込んでいきますので、豊かに表現の幅をひろげていきます。

総合力、表現力アップの時期(入試直前講習参加)

年間を通して自分の表現を積み上げてきたものをまとめる総合的な力を養います。表現を出題課題に生かせることが入試には不可欠です。さらに1日制作の密度の濃い授業内容が合格レベルの段階に引き上げていきます。早くからの直前講習会合流が合格の鍵となるでしょう。立美油絵科の強合格を誇る昼間部生の中に入っての制作になり、質の高い表現力を目の当たりにすることや的確な受験対策指導が受けられるので、不安な人でもメキメキと実力をつけていきます。講習生や通信生の合格率が高い理由がここにあります。

トップへ戻る

実技課題

一人でやれる課題 "資料紹介"

step upに有効なデッサンで、それ程時間が掛からず紙と素描道具があればいつでもどこでも行える内容です。くり返しやってみて下さい。

細密デッサン

描写力を養うなら細密的に描くのが近道です。雑になりがちな見方の細部から描こうとする意識によって具体的にその表情を見ようとしてくるからで、食い付いて描いていけば自然と観察力が養われます。描く対象も身近なものをモチーフとすることができます。石や木などの自然物から、プラスチック、ガラス、金属類など、特に野菜、果物などの表情豊かなモチーフであればその複雑な形の変化や質感を表現する面白さが分かることでしょう。他に手や顔を細密的に描くことは、そのものの持つ構造や細部と全体の関係も認識できるので良いと思います。目標としては対象物のリアルな存在感を出すことを心掛けてみましょう。

雑な線の羅列でなく比較的しっかりと具体的な形の表情や質感を感じさせて描くように行います。線の筆圧の違いやタッチの表情の違いによって細部描写を行いつつ動きのある形を追い掛けていく感じにします。また、密度のある所とない所の差を対象から感じとりながら描いていくことも大切です。空間を考えた構図をとったり、ねらいを持つことによって画面全体がいきいきとしてきます。

風景デッサン

自分の目に写る風景には様々な情景が写るはずです。それを見えるもの全て描くには時間が非常にかかることですが、描きたい所にねらいを定めて描くことが大切です。ここでデッサンすることは身近な風景の中で必要な最小限の要素を拾い上げて、自分が気にかかる形と調子を画面にどのように配置し、空間を形作ることを目的とします。鉛筆で描いたものから、水彩など自由に素材を選んでも良いでしょう。風景を描くということには自然にテーマ性や構成力を身につける意図があります。

技法資料
技法資料

技法資料
技法資料

参考作品 参考作品 参考作品 参考作品
画面全体と細部との関係例
遠景モチーフとして
遠近両用の場合
形を意識した例
参考作品 参考作品 参考作品 参考作品
細部描写例
画面に入る形を意識した例
描く対象を絞り込む
線的表現の例
トップへ戻る

通信教育Q&A

Q.溶き油はどれを使えば良いのか、また使い方がよくわからないのですが?

溶き油の種類は豊富で、簡単に説明するのは難しいのですが、大きく分けて乾性油、発性油、そして樹脂の3つに分類されます。つまり、リンシードとテレピン、アルキドやダマールですね。この名前なら知っていると思います。油絵具の状態は、生乾きが最も豊かに表現できます。最初の内は、ペインティングオイルで良いのです。表現の段階に従って、色々使ってみると分かってくるでしょう。一日描きの受験でも、乾燥具合を意識して、乾燥の速い樹脂を多くすることで、重ね塗りが可能です。

foot