美大受験予備校。芸大受験予備校。芸大、各大学の入試対策にがっちり取り組みます。東京都にある中央線沿い立川駅徒歩1分の有名美大受験予備校。個人の志望校に合わせた指導体制を整えています。芸大、美大受験の合格基準を知り尽くした講師陣があなたを引っ張っていきますので、実力が飛躍的に伸びます。芸大、美大受験のための学科対策は授業+小テスト+模試で完璧。高1高2基礎デッサン力養成コース。デザイン科、油絵科、彫刻科、日本画科、映像・先端芸術科。建築コース、中学生受験コース。美術系高校受験の方、中学生コースがあります。芸大受験、美大受験をされる方で遠隔地で当学院に通えない方は通信教育をご利用ください。          
  トップ ニュース 資料請求 アクセス 入学申込
7つの特色
合格実績
各科紹介
デザイン・工芸科
油絵科
彫刻科
日本画科
映像・先端芸術表現科
美大学科
高校1・2年生基礎科
中学生基礎科
建築
美術系国公立大学受験
美術系高校中学生受験
通信教育
タチビの選べる体験ゼミ
通信教育

各科紹介 > 通信教育 > 合格者の声
カリキュラム トピックス 実技参考作品 合格者メッセージ 通信教育学費
通信教育


合格者の声 赤田麻絵
赤田麻絵
青森・県立弘前高校 卒業
赤田麻絵
東京学芸大学 〔B類美術専攻〕

私が受験をして最終的に思ったことは、とにもかくにもやるのは自分であるということです。
タチビの通信教育を受けているとはいえ、それは描いたその場その場で先生からの指導がくるわけではなく、まずは自分が描かないと始まらないのです。さらに、3年生の秋頃になると勉強のほうも大詰めで毎週のように何らかのテストがあり、絵を描く時間が十分にとれない事態に陥り、課題がストレスとなり絵にも勉強にも身が入らないということにもなりかねません。なので、勉強をする時間、課題を制作する時間をそれぞれしっかりと計画し、自分を律する姿勢と根気が実技科目受験の最も大切なことだと思います。
春、直前と、タチビの学芸大受験の講座を実際に受けてみましたが、そこでも先生に手取り足取り教えてもらうのではなく、あくまでも自ら進んで先生だけでなく、周りの受講生からも技術を学んでいこうというファイトが必要です。そうでなければ私のように地方からきて、なれない土地でのつらい受験対策、途中でくじけてしまいます。
勉強面では私の場合、学科はセンター試験のみでした。そのような場合は塾などにたよるよりも、学校でやるものをしっかりこなすことが大切だと思いました。塾と学校、どちらも中途半端にやるよりもどちらか一つを根気よくやる方が効率的です。なにか一つ中途半端にすると、あとあとも全てどうでもよくなり全て中途半端なまま受験に突入…ということにもなりかねません。実技と学科の両立も、受験の成功には欠かせませんでした。
自分から向上心を持って受験にむかい、環境をつくっていくことが受験に大切なことだと思いました。

東京学芸大学 B類美術専攻 入試再現作品 2007年卒
東京学芸大学 B類美術専攻 入試再現作品 2007年卒
foot