美大受験予備校。芸大受験予備校。芸大、各大学の入試対策にがっちり取り組みます。東京都にある中央線沿い立川駅徒歩1分の有名美大受験予備校。個人の志望校に合わせた指導体制を整えています。芸大、美大受験の合格基準を知り尽くした講師陣があなたを引っ張っていきますので、実力が飛躍的に伸びます。芸大、美大受験のための学科対策は授業+小テスト+模試で完璧。高1高2基礎デッサン力養成コース。デザイン科、油絵科、彫刻科、日本画科、映像・先端芸術科。建築コース、中学生受験コース。美術系高校受験の方、中学生コースがあります。芸大受験、美大受験をされる方で遠隔地で当学院に通えない方は通信教育をご利用ください。          
  トップ ニュース 資料請求 アクセス 入学申込
7つの特色
合格実績
各科紹介
タチビの選べる体験ゼミ
通信教育

藤井圭祐 二瓶紗吏奈 森木愛弓 青山ひかり 徳永博子
【デザイン科昼間部】 二瓶紗吏奈さん 二瓶紗吏奈
どんな所に住んでいましたか?
立美から徒歩8分のアパートで47000円。
広くはないけど、居心地は良かったです。アパートのすぐ裏にスーパーがあって便利でした。
仕送りはどのくらいですか?
家賃と光熱費は親が払ってくれていたので、それ以外で仕送りは5万円くらいです。
一ヶ月には4万円くらい使いました。
具体的には何にいくらぐらい使っていましたか?

画材や都心の方に展覧会を観に行く交通費や食費。

毎日の食事についてお聞かせ下さい
朝食は一度も欠かさず作っていました。やっぱり朝食は食欲がなくても必ず食べるべきだと思います。最初の数ヶ月は毎日3食自炊していましたが、入試直前は手抜きご飯で過ごしていました。
ひとり暮らしで苦労したことはありますか?
入試直前になると休みがないので、食事の準備が面倒だったり、洗濯がなかなか出来なくて苦労しました。
浪人中見た展覧会で印象に残ったのは何ですか?
『松田権六展』で、蒔絵のデザインがかっこよくて「なんて昔の人はすごいんだ」と思いました。
これから上京して浪人する人に対して、一人暮らしで心がけていたことがあったら教えてください。
ストレスを1人で抱え込まないようにすることです。私は近くに姉が住んでいたので、悩んだ時は姉とよく食事に行ったりして、話を聞いてもらいました。
どんな1日を送っていましたか?
平日は朝5時に起きて英語をやっていた。
夜は初期の頃は勉強を、入試直前は絵の具を持ち帰っていろんな混色をしていた。
休日はどんなことをして過ごしていたか?
初期の頃は勉強を、夏は展覧会に行きました。
 最後に一言メッセージをどうぞ。

家にいると丸1日何もしゃべらず過ごすことになるので、外へ繰り出すことが大事だと思う。
foot