美大受験予備校。芸大受験予備校。芸大、各大学の入試対策にがっちり取り組みます。東京都にある中央線沿い立川駅徒歩1分の有名美大受験予備校。個人の志望校に合わせた指導体制を整えています。芸大、美大受験の合格基準を知り尽くした講師陣があなたを引っ張っていきますので、実力が飛躍的に伸びます。芸大、美大受験のための学科対策は授業+小テスト+模試で完璧。高1高2基礎デッサン力養成コース。デザイン科、油絵科、彫刻科、日本画科、映像・先端芸術科。建築コース、中学生受験コース。美術系高校受験の方、中学生コースがあります。芸大受験、美大受験をされる方で遠隔地で当学院に通えない方は通信教育をご利用ください。          
  トップ ニュース 資料請求 アクセス 入学申込
7つの特色
合格実績
各科紹介
タチビの選べる体験ゼミ
通信教育

はじめての方へ
デザイン・工芸科 美大学科 油絵科 彫刻科 日本画科 映像・先端芸術科 建築コース
これから油絵を始められる方へ

油絵科の指導について

油絵科

絵がすき。というのも一つの感性です。この気持ちを大切に美大受験を本格的に始める手助けを、合格力の高い立美の油絵科講師が情熱を持って指導にあたります。
今からでも、充分立美の合格へのシステムに乗っていけます。これから美術を始められる方にあわせた指導方針を組み立てていくことができます。一枚でも現在の力を見極めるため、描いたことのある作品をお持ちください。良い感覚やこれから鍛えていく部分などを的確に把握します。そしてその人の感覚(持ち味)を最大限に引き出せるより良い方向を考えていきますので、安心して始められます。
油絵科は他の科に比べ、表現を重視します。対象の再現だけではなく、どのように見たか、感じたかということを絵の形に置き換える事が大切です。そのため、その人なりの見方や感じ方があると言えるでしょう。同じように描画表現の習得方法も十人十色であるはずです。あなたにふさわしい基礎習得のかたち、表現方向が立美で見つかります。

油絵科で行う表現

描く力をつけるためには表現の基礎となるデッサンは欠かせません。油絵科の授業では色々な角度から表現力を高めるための感覚を養います。

デッサン表現
 ・ 鉛筆デッサン(素描)   画用紙に鉛筆 
・ 木炭デッサン   木炭紙に木炭


油彩表現
キャンバスに油彩、アクリル絵具も使う場合があります。
・ 細密描写   モチーフを観察し、緻密に細かく描く
・ 静物描画、人物描画   対象の観察から明暗、質感や骨格や構造を把握する。
・ 構成、イメージデッサン   与えられたものやテーマ、イメージに従って描く

その他の表現
 ・ 水彩表現   水彩紙に透明水彩 
・ 細密デッサン   ペン 
・ コラージュ   有色下地

油絵科で使う道具

まず、最初に必要な用具の種類をあげておきますが、これから経験を積むに従って表現に応じて材料の種類を増やして下さい。

デッサン用具
油彩用具
  • 鉛筆(2H、H、F、HB、B、2B、3B、4B)
  • カッターナイフ
  • 練り消しゴム
  • プラスチック消しゴム
  • 木炭(伊研NO.360)
  • 芯抜き
  • ガーゼ
  • デスケール
  • 測り棒
  • 擦筆
  • クリップ
  • 食バン
  • カルトン

※ 用紙は立美で支給します。

  • キャンバス布
  • 木枠
  • 張り器
  • タックス(釘)
  • 油絵具
  • ペインティングナイフ
  • 溶き油
  • 紙パレット
  • 絵皿
  • ぼろ布
費用の目安は、5000円〜
初歩的なもので最低限必要な用具は
25000円〜30000円で揃えられます。


道具の使い方
油絵は用具が複雑で何を使ったらいいの?どう使うの?と難しそうというイメージはあるかもしれません。そのような疑問にマンツーマンで講師が用具の説明から丁寧にご説明します。

油絵科Q&A

Q. 溶き油はどれを使えば良いのか、また使い方がよくわからないのですが?
溶き油の種類は豊富で、簡単に説明するのは難しいのですが、大きく分けて乾性油、発性油、そして樹脂の3つに分類されます。つまり、リンシードとテレピン、アルキドやダマールですね。この名前なら知っていると思います。油絵具の状態は、生乾きが最も豊かに表現できます。最初の内は、ペインティングオイルで良いのです。表現の段階に従って、色々使ってみると分かってくるでしょう。一日描きの受験でも、乾燥具合を意識して、乾燥の速い樹脂を多くすることで、重ね塗りが可能です。

foot s
shadow coner