美大受験予備校。芸大受験予備校。芸大、各大学の入試対策にがっちり取り組みます。東京都にある中央線沿い立川駅徒歩1分の有名美大受験予備校。個人の志望校に合わせた指導体制を整えています。芸大、美大受験の合格基準を知り尽くした講師陣があなたを引っ張っていきますので、実力が飛躍的に伸びます。芸大、美大受験のための学科対策は授業+小テスト+模試で完璧。高1高2基礎デッサン力養成コース。デザイン科、油絵科、彫刻科、日本画科、映像・先端芸術科。建築コース、中学生受験コース。美術系高校受験の方、中学生コースがあります。芸大受験、美大受験をされる方で遠隔地で当学院に通えない方は通信教育をご利用ください。          
  トップ ニュース 資料請求 アクセス 入学申込
7つの特色
合格実績
各科紹介
タチビの選べる体験ゼミ
通信教育
blog

 

保護者の方へ

入学をお考えの方は・・・

保護者の方を対象に、近年の美大入試の現状と、入試に向かっての対策について講師がご説明をいたします。予備校で美術を学ぶということ、美術の世界へ進むということ、美術に関わる仕事内容などについてもお話をさせていただきます。    

保護者説明会 

美術系進路相談 個別相談行っております。


詳しくはこちら


美術受験を本格的に考えはじめているお子さんをお持ちの方の中には、美術の世界はどんなところかと疑問や不安を抱かれる方が多いかもしれません。ここでは保護者の皆様からのお問合せでよくある内容に一部お答えします。もちろんご来校いただければ、講師が当学院の指導方針や近年の美術受験状況などをご案内致します。タチビでは、お子さんがスムーズに美術受験の体勢を整えられるよう初心者の指導に特に力を入れています。美術がまったくはじめての方は一歩踏み出せばとても楽しい世界が広がります。ぜひ一度、ご相談ください。

 
主要美術大学 中学生の保護者の方はこちら その後の進路
受験勉強のスタイル 立美の基礎科
主要美術大学

美術の大学は、東京藝術大学をはじめ、地方にも美術大学があり、美術専門の大学以外にも美術分野を設置している大学もあります。首都圏の主要な美術大学として、東京藝術大学の他、

武蔵野美術大学多摩美術大学、東京造形大学、女子美術大学等があり、学部に設置している大学では日本大学芸術学部等があります。地方の主要な美術大学として、京都市立芸術大学、金沢美術工芸大学、愛知県立芸術大学、沖縄県立芸術大学等があります。立美はこれらの大学へ高い合格実績を誇っています。また、東京藝術大学武蔵野美術大学多摩美術大学を目標とすることで、他の美術系大学へ合格する基礎力は必ずついてきます。

トップへ戻る
その後の進路

美術の世界へ進んだお子さんが今後どのような進路をとっていくのか。保護者の方にとっては大変関心を持たれるところかと思います。ではその進路の例を挙げてみます。 私たちの身の回りには、様々なものが存在します。テレビ、冷蔵庫、キッチン、車、マンション…これらは大小問わず、美術と関係するものです。そう考えると美術は特別な未知の存在というよりも、私たちの日常生活に欠かせない専門的な存在だと言えます。本校の講師は、美術を扱う専門家として、社会の第一線で活躍するデザイナーや作家がそろい、親身の指導にあたっております。 例) ポスター、パンフレット、雑誌からCMフィルム等の映像を中心とする仕事として、広告代理店、制作会社、企業の広報部門があります。 日常的なものと関連性のある仕事として、パッケージデザイン、製品外装デザイン(自動車等)のを行う企業の企画・商品開発部門やデザイン事務所があります。 住宅や公共施設、環境設計などを行う仕事として、総合建築会社、店鋪装飾会社、設計事務所があります。 CG、ゲーム・ソフトの開発デザイン、HPのデザインのコンピュータ関連の仕事として、企業の企画・商品開発部門、広告代理店、制作会社、企業の広報部門があります。

トップへ戻る
受験勉強のスタイル

現在、大学進学は「大学全入時代」と言われていますが、主要な美術大学では3倍以上の倍率があり、現役での合格はその合格者のなかで1/3というものです。 そのため大手予備校では、合格の為のスキル、いわゆる詰込型が主流となっているのが実状です。しかし実際の美術というものは、How to教育で教え込まれるものではありません。 本校の教育方針は、受験レベルを超えた高度な「作家の育成」を目指しており、作家講師による将来を見据えた指導カリキュラムをはじめ、立美祭展や作家講演会等の各種行事として表わされています。 この教育方針は、変容する大学受験のハードルを越えて、高い合格率を維持する本校の特色として他に類を見ないものです。

トップへ戻る
立美の基礎科

お子さんが美術に興味を持ち、進路として美大への進学を考え出したところでいろいろ将来への不安を感じていらっしゃるご父兄の方も多いかと思います。美大を出て就職はあるのだろうか、クリエイターになれる人数はほんの一握りの厳しい世界なのではないだろうか、などのご質問を受けることもあります。美大=作家、というイメージは確かにあり、美大もそのイメージを宣伝していますが、美大は作家になるための学問を学ぶ場所だけにとどまらずこれからの社会が求めるクリエイティヴな力を幅広く専門的に学ぶ場所です。例えばデザインを例にとってみましょう。自然物以外の人工物は誰かがデザインをしておりその分だけデザイナーがいます。日常使う道具からスマートフォンのアプリ、ヴァーチャルなゲームの世界から広告まで人々がいいな、と思い気持ちよく使えるものには優れたデザインが取り入れられています。ユーザーが気づかないところにもデザインの工夫があるでしょう。人々が欲しいと思い使うことによって喜びを感じられるものはどんな些細なものでもデザイナーのアイデアと工夫の積み重ねで創られています。こんなものがあったらいいのに、という思いつきや不便なものを便利にしたい、という気持ちに具体的に形態を与え、モデルを作る力を身に付けるトレーニングができる場所が美大といえるでしょう。PCがあれば完成形までたった一人でも出来てしまい、それを世界に向けて発信できる現在、発想を形にできる力はとてもニーズが高い技術といえるでしょう。これはデザインに限った話ではありません。例えば油絵科では自分の世界のイメージを深く追求し社会との関りを探ってゆきます。日本画科は観察を中心に描写の技術を磨いてゆきイメージで世界を再構築してゆきます。いずれも自分の頭の中にあるイメージに形態を与えるトレーニングです。  さて、美大の実技入試の話をしますと、入試では課題が与えられ、課題に沿って発想し他の受験生の作品より魅力のある作品を時間内に作らなければなりません。大学に入る前にクリエイティヴな力を身に付ける必要があります。そしてそれは専門的なトレーニングによって身につくものです。基礎科ではデッサンを中心にクリエイティヴな力を身に付けるトレーニングをしてゆきます。自分の興味のある科が決まったらその科の基礎コースに移ることを勧めています。最初は好きなイラストを描きたい、なんとなく美大って楽しそうというところから始まっても学んでゆくうちに幅広い世界がその先にあり、自分の個性にみんな気付いてゆきます。どんな仕事に就こうとも独自の発想力とそれをかたちにする力は将来重要な武器となるでしょう。基礎科で早くスタートすることは受験の枠だけにとどまらない世界に早く触れるチャンスです。ぜひ立美の基礎科で学んでください。また、志望校や進路のことでご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら
foot