美大受験予備校。芸大受験予備校。芸大、各大学の入試対策にがっちり取り組みます。東京都にある中央線沿い立川駅徒歩1分の有名美大受験予備校。個人の志望校に合わせた指導体制を整えています。芸大、美大受験の合格基準を知り尽くした講師陣があなたを引っ張っていきますので、実力が飛躍的に伸びます。芸大、美大受験のための学科対策は授業+小テスト+模試で完璧。高1高2基礎デッサン力養成コース。デザイン科、油絵科、彫刻科、日本画科、映像・先端芸術科。建築コース、中学生受験コース。美術系高校受験の方、中学生コースがあります。芸大受験、美大受験をされる方で遠隔地で当学院に通えない方は通信教育をご利用ください。          
  トップ ニュース 資料請求 アクセス 入学申込
7つの特色
合格実績
各科紹介
デザイン・工芸科
油絵科
彫刻科
日本画科
映像・先端芸術表現科
美大学科
高校1・2年生基礎科
中学生基礎科
建築
美術系国公立大学受験
美術系高校中学生受験
通信教育
タチビの選べる体験ゼミ
通信教育
blog

各科紹介 > デザイン・工芸科
カリキュラム トピックス 実技参考作品 入試再現作品 合格者メッセージ 学生講師紹介
デザイン・工芸科

大胆かつ繊細に!クオリティの高いデザインを目指します

昼間部(週6)
夜間部(週6)
夜間部(週3)

●基礎をじっくりと学びます
立美デザイン・工芸科では、すべての美大受験に必要なデッサン力をつけることを中心に、一年を通じて基礎力をじっくりと養います。 カリキュラムを繰り返し行うことで深い観察力と丁寧な表現力を身につけていきます。また構成の基本を学ぶことで色彩感覚やバランス感覚を磨きます。 初めての方がどの段階から入学しても基礎から丁寧に学ぶことができます。 授業やコンクールを受けることで力がついていく実感を確認していきます。 身につけた力を入試本番ではどのような形で表せば良いのかを的確にアドバイスします。しっかりとポイントを押さえることですべての受験に対応できます。

●個性を大切にします
立美デザイン・工芸科には、先輩たちが生み出した数多くの参考作品があり自由に閲覧することができます。 授業では過去の優秀作品の模倣に留まらずに自分で考えて制作する力をつけていきます。一人一人の個性を大切に伸ばすことで、 美大入試あるいは社会でデザイナーとして求められる人になるよう育てていきます。積極的にスクラップブック作りなどをすすめ、 感化された作家やデザイナーの手法の素晴らしさを取り入れながら、自分が得意とする方向性や個性的な表現が試験本番で100%発揮できるように導きます。

●将来を真剣に考えていきます
立美デザイン・工芸科では、しっかりと将来の展望を踏まえた上で美大受験を考えていきます。大学説明会や将来の職業の説明会などを行い、大学生やデザイナーを招いてガイダンスをしていきます。 生徒一人一人と面談を繰り返して、やりがいのある大学生活と将来の職種を踏まえて大切に受験大学を決めていきます。

昼間部カリキュラム    昼間部カリキュラム
昼間部生の歩み    夜間部生の歩み
年間スケジュール

春期講習会

4 入学式
オリエンテーション
基礎カリキュラム
個人面談

1学期

基礎力強化

5 基礎カリキュラム
GW特別課題
作家作品研究
白黒トレーニング
大学説明会

6 基礎カリキュラム
校外スケッチ授業
芸大美大生によるデモ実演授業
色彩トレーニング

7 基礎カリキュラム
細密表現
学期末コンクール
個人面談
専攻別カリキュラム

夏期講習会

8 専攻別カリキュラム
夏期実技集中特訓
コンクール

立美祭

9 立美祭大作週間
自由制作
大型デッサン着彩
美術館・博物館見学
進路相談会

2学期

表現力強化

10 個人面談
資料上映会
感覚トレーニング
平面表現ゼミ

11 公開コンクール
大学・進路説明会
実力強化課題
課外授業

12 応用カリキュラム
個人面談
学期末コンクール
専攻別カリキュラム

冬期講習会

1 東京芸大対策
多摩美大対策
武蔵野美大対策
その他の美大対策
センター模試

入試直前講習会

2 東京芸大対策
多摩美大対策
武蔵野美大対策

3 東京芸大対策
気勢式
合格者作品展
保護者説明会

●基礎カリキュラム
デザイン・工芸科の受験に必要なデッサン力を養うことを中心に平面構成や立体構成などを通して、いろいろな視点からの観察の仕方、アイデアの出し方、 構成方法などデザインについて学んでいきます。初めての方には道具の使い方、水張りの仕方から構図の決め方、色の塗り方など丁寧に説明します。

●白黒トレーニング 色彩トレーニング
石膏像や手や人工物など様々なモチーフを白黒2色で分割して表現するトレーニングをします。明暗を理解した上で鉛筆デッサンに活かします。 また明度、彩度、色相などの色彩とコンポジションについて解説をして、実践的なトレーニングを行うことで色彩ついて理解をします。

●デモンストレーターによる実技演習
東京藝大、多摩美、武蔵美の合格者をデモンストレーターとして招いて、入試の合格作品の再現や立美の課題を制作実演します。 合格者の制作や受験時期の作品を見ることで受験生が合格レベルのクオリティを実感することができます。同じ課題を制作して比較することで現在の実力が確認できて 今後の制作の方向を決めていくことができます。

●作家・デザイナー研究
自分の好きな作家やデザイナーを見つけて作品資料集を作り、その手法を活かして自分をアピールする作品を制作します。 デザイナーの色や構図や技法を取り入れて平面構成をしたり静物着彩などを行い、優れた作品の良さを理解していきます。年間を通してスクラップブック作りをして、自分の作品制作に活用します。

●校外スケッチ授業、課外授業
動物園、植物園、昭和記念公園などで自然のフォルムや動物の生態などを観察してスケッチをします。 そのスケッチを元に大型の平面構成や、様々な素材を用いた立体構成などを制作します。 また課外授業では美術館や博物館にも足を運んで良いものを見て豊かな感性を育て、デザイン・工芸科として自分に必要な情報収集をしていきます。

●立美祭
立美祭の展示に向けて自由制作をします。大学で学びたいことや将来のやりたいデザインを踏まえて今できる方法で自分が興味のあるものを制作します。 制作意図や表現方法、素材選びからタイムテーブルまで企画書を作りデザイナーとしての体験をします。展示では作品にコンセプトシートを添えて自分の作品をプレゼンテーションします。

●応用カリキュラム トレーニング&表現ゼミ
光と影を美しく演出するトーンの表現や、金属への映り込みやガラスの透明感の質感表現などテーマを絞って課題を進めます。 また効果のあるテクスチャーの研究をしたり、疎密の関係、図と地の展開の見せ方、 調和のとれた色彩表現など視覚効果を考えた構成の試みをホームワークや表現ゼミとして行い豊かな表現力をつけていきます。

●コンクール 公開コンクール
学期末や講習会のコンクールでは、デッサンと平面構成や立体構成の実技模試と合わせて学科を含めた総合順位で実力を測ります。 夜間部では他の科や基礎科と一緒に合同コンクールを行い石膏デッサンや自画像などで描写力を競います。 公開コンクールでは東京藝大デザイン科、多摩美グラフィックの模試を試験本番を想定して行います。

●専攻別カリキュラム 各芸大美大対策
基礎力として身につけたデッサン力と基本の構成力、また応用力として築いた技術や色彩の表現などを利用して、 それぞれの受験校に合わせてポイントを絞ってわかりやすく展開していきます。 各大学の出題の傾向を押さえた上で、各自の個性を活かしながら入試で最高点が取れるクオリティの作品へ導くように個人対応をしていきます。

●大学・進路説明会 個人面談
スライドや映像資料などを用いて大学の授業内容などを紹介したり、美大のデザイン科の学生や立美OBのデザイナーなどを招いて、 美大についてやデザイン・工芸科の仕事についての説明会を行います。将来の職種についてやデザイナーや作家の作品を幅広く紹介して、年に数回の個人面談を行い自分に合った大学選びを大切に考えていきます。

●合格者作品展 保護者説明会
合格者が入試で制作した再現作品や入試直前期に制作した作品の展示をします。 デザイン・工芸科の保護者会ではさらに1学期からの作品を紹介しながら、立美の授業内容についてと芸大美大入試の現状について詳しく説明します。 また大学の授業の様子やその後の就職についてなどスライドを使って資料を紹介しながら説明します。

週間スケジュール

昼間部

実技
9:30〜12:15
実技
13:00〜16:00
月例テスト(月1回)
実技
実技
実技
講評
実技
実技
実技
講評
実技
実技
実技
講評

夜間部

実技
17:00〜20:00
 実技 ホームワーク・講評
 月例テスト(月1回)
実技
 実技  講評
 実技
 実技
 実技  講評

学科・ゼミ

ゼミ
クロッキーゼミ
先端芸術ゼミ


美大学科
昼間部学科
夜間部学科
言語表現
美大小論文
やりなおす中学英語
 
foot