美大受験予備校。芸大受験予備校。芸大、各大学の入試対策にがっちり取り組みます。東京都にある中央線沿い立川駅徒歩1分の有名美大受験予備校。個人の志望校に合わせた指導体制を整えています。芸大、美大受験の合格基準を知り尽くした講師陣があなたを引っ張っていきますので、実力が飛躍的に伸びます。芸大、美大受験のための学科対策は授業+小テスト+模試で完璧。高1高2基礎デッサン力養成コース。デザイン科、油絵科、彫刻科、日本画科、映像・先端芸術科。建築コース、中学生受験コース。美術系高校受験の方、中学生コースがあります。芸大受験、美大受験をされる方で遠隔地で当学院に通えない方は通信教育をご利用ください。          
  トップ ニュース 資料請求 アクセス 入学申込
7つの特色
合格実績
各科紹介
デザイン・工芸科
油絵科
彫刻科
日本画科
映像・先端芸術表現科
美大学科
高校1・2年生基礎科
中学生基礎科
建築
美術系国公立大学受験
美術系高校中学生受験
通信教育
タチビの選べる体験ゼミ
通信教育

 

カリキュラム トピックス 実技参考作品 入試再現作品 合格者メッセージ 学生講師紹介
デザイン・工芸科
合格者の声

過去の合格者の声
2012年度
2013年度
2014年度
2015年度
2016年度
2017年度

加藤 慎平
東京・私立頴明館高等学校卒業

多摩美術大学 グラフィックデザイン学科合格
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科合格


●異世界、タチビ。
大学受験に失敗した後、何か新しいことをしてみたくなり、友人伝いで知っていたタチビを見に行ってみた。タチビに初めて来た時、なんて不思議な場所なのだろうと感じた記憶がある。壁一面、視界に広がる、カラフルな平面構成、写真のような石膏デッサン、美麗な静物着彩、巨大な油絵キャンバス。一般受験しか知らなかった私にとって、タチビは異世界だった。ここなら心機一転できそうだと思い、去年度の志望系統に合わせ、デザイン・工芸科に入学した。

タチビでは、他の場所では決して味わえない経験を沢山できたと思う。タチビ昼間部のイベントで、全科合同のデッサンコンクールがあり、すべての科の生徒が共通の課題を取り組むというもの。そこで私は受験以来、初めての大敗を味わった。自分の絵にはある程度の自信があったのだが、多くの人数が集まると自分の技量では全く歯が立たず、講評さえしてもらえなかった。深いショックを受けた。そこで私はとりあえず「講評してもらえるモノを作る。」そんな目標を立てた。今思うと、コンクールで立てたとりあえずの目標は、私の課題制作を助けつづけてくれたし、その目標を持つにふさわしい時期にあったイベントだったなと、思い返す。その後のデッサンや構成は、波がありながらも、調子良くでき、自然と成長したように思う。

夏期講習後にはタチビ祭があった。タチビ最大のイベントで、高校の文化祭、個人の部と言った感じ。やりたいことを自分で決め、時間を気にせず自由に作っていいというのは、とても楽しく、受験病の良い緩衝材になった。だが、冬季講習~直前期頃になると、私は持ち前のネガティブシンキングを発揮した。上段に上がれないだけでひどく落ち込む。自分に芸大美大なんて無理だ。なんで軽い気持ちで美大受験なんてしようと思ったのだろう...。去年と同じになる気がして怖い。なんとなく辛くて予備校をサボる。同じ言い訳を何度も繰り返し、男のくせして突然泣き出し、へにょへにょと駄々をこねた。そんな時、タチビの先生たちは救いになってくれた。とても暖かかった。先生と生徒のアットホームな関係、これが「タチビ」なんだなと思った。
受験は団体戦だ。という言葉がある。私は受験始まって長いこと理解出来なかったのだが、タチビで過ごした入試直前期、その意味が少し理解できた。タチビでの生活に感謝。

いざ、はじめての美大入試。
と、題してみたけれど、当日は入試というより、知らない場所に行けるのが楽しく、駅では常にカメラを首から下げ、肖像権構わずシャッターを切り、終日オタクモードだった。少し怪しい奴だったと思う。試験中も、どうやって帰ろうか。何線に乗って行こうか。とか、どうでも良いコトばかり考えていた。試験問題はいつもタチビでやっていたものとなんら変わりなかったので、いつも通り提出して、いつも通りカメラをかまえ、帰路についた。

 

片山 風花
東京・都立調布北高等学校卒業

多摩美術大学 グラフィックデザイン学科合格
多摩美術大学 生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻合格
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科合格


好きな絵を好きに描く
色々な予備校の体験に行きましたが、立美はどこよりも先生との距離が近く、気軽に話しかけられました。全体講評の後は、よく個別講評をしていただきました。そうして、課題で生まれた疑問をなるべく次の課題に残さないようにできました。また、立美のアットホームな雰囲気は自分に合っていたので、立美を選んで正解だったと思います。辛くなっても友だちとふざけ合ってお喋りして、1年間楽しい時間を過ごしました。
基礎科で悩んだ末、デザイン科に入りましたが、平面構成は4月からずっと苦手でした。直前期になってもその意識は変わらず、課題が辛い時期もありました。そのとき先生 が「グラフの平面はお絵描きでいいんだよ」と教えてくださり、凄く気持ちが楽になりました。今まで自分の描きたい絵と平面構成は全く別物だと考えていたので、多摩美の合格作品のような平面を作らなければならないと考えていました。しかし、グラフだけじゃなくどの科でも、自分の好きな絵を好きなように描けばいいんだと気付きました。それから入試までの間は、なぜ苦手なのか、どうして上手くいかないのかを改めて考えて、家で課題の再エスキースをしてみたり、暇さえあれば参作や良いデザインを常に見て、毎課題を確実に良くできるように意識しました。そして、だんだん平面構成が楽しくなっていきました。
課題に取り組むなかで大事にしていたのは、講評ノートです。前の課題で先生からいただいたアドバイスを、新しい課題に取り組む前にノートにまとめて、同じ指摘をされないよう気をつけました。そのメモを見ながら、クリアできているか考えつつ毎課題取り組んでいました。だから、どうしても疲れて頭が働かないときは、思い切って休んで、ぼんやり課題をこなすだけにならないようにしていました。また、直前期は自分のこれまでの作品の写真と問題点をまとめたノートを作りました。自分の作品の傾向や得意な表現を明らかにするために役立ったので、もっと早くにやっておけば良かったと思います。
立美での2年間で学んだのは、自分で問題を見つけて良くしていくために考えることです。2年間課題に取り組み続けてきてようやく気付きました。この2年間は、自分が1番成長できた2年間でした。大学でも課題をやるうえで成長し続けていきたいと思います。

●自分にできること
入試本番が近付いても、実力が足りないという焦りがずっとありました。しかし、本番はとにかく「できることをやり、できないことはやらない」と自分に言い聞かせ、心を落ち着けました。焦っても自分のMAXの力を発揮できなかったと思います。後は、課題文をきちんと読み、課題違反に充分注意して、やりたいようにやりました。試験中はネガティブなことを考えず「これは受かる!絶対良い!」と常に考えてテンションを上げました。

 

宮普@玲
埼玉・私立聖望学園高等学校卒業

武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科合格

●タチビでのデッサン

僕はデッサンが好きなのでデッサンについての話をします。僕のデッサンは大きく分けて3つの壁がありました。

最初に大きな壁となったのは、ぼやぼやしたデッサンになってしまう事です。その解決のきっかけとなった事が一浪目の夏期講習の夜間デッサンの時の事です。「際を締める」作業を理解できていなかった僕が講師から「ものの際の線はもっと命をかけて描きなさい」と言われた事です。その時のやった静物デッサンでは見え方が変わるまで何度も「際」を描き直しました。その結果で上手くはいかなくても「締める」ということに対して理解できるようになりました。

次の壁はかなり手強くて、デッサンで汚い黒が残ってしまうというものでした。乗り越えるきっかけになったのは今度は二浪目の夏期講習会の夜間デッサンでした。それはある先生の提案で、鉛筆の硬さを変えずにデッサンするという課題で、僕は3Bのみで石膏を描きました。鉛筆を立たせたり寝かせたりする基本的な描き方がさらに鍛えられ、また一つの硬さで書くというルールがあったおかげで、色に敏感になり、過剰に乗せてしまう黒も出ませんでした。この方法は個人でも出来る事なので是非試してみて下さい。

次は未だにクリアできていないのですが、石膏像の顔が似ないということです。以前の全然似ない状態からは少し良くなりましたが、講師に骨格をもっと意識してと言われ自分の顔を触ったりしながら石膏を観ていたら、顔の細かい単位で手前奥が表現できていないということに気づきました。それをきちんと表現してみると、立体的に見えてパーツごとの違いがわかりやすくなりました。そのおかげで別人の顔をかく事はあまり無くなったと思います。

デッサンは人それぞれいろんなところでつまづくと思いますが、同じ道を通ってきている事も多いので、自分以外の人の講評も聞くようにしていました。今自分がどの段階にいて、うまい人はどんなところができて、自分は何が出来ていないなどを確認ができるので、立美の講評はとても大切でとても面白いでした。あとは受験直前の三時間の静物デッサンで講師が僕の際の仕事がまだまだ甘いぞと言って、手直ししていただいてその作業を本番思い出してやってみたら見栄えがとても良くなりました。そのおかげで大分作品のクオリティが上がったのではないかと思っています。

僕は一浪から美大を目指して2年間立美に在籍しましたが、人生で一番好き勝手し、充実した2年間でした。高校まで僕は常に人に流されていて、人が「良い」と言って、何故「良い」のか考えたりしませんでした。そんな僕が、自分で見つけた「良い」を表現して伝えることをしなきゃいけないデザイン科を目指すなんて今思えばおかしな話ですが、こうして目指した大学に受かる事が出来たので少しは変われたのかなと思います。二浪目は辛かったですが人に恵まれたおかげでなんとか続けられました。とても感謝しています。立美に通えてよかったと思ってます!

●視デの試験

ムサビの視デは今年から静物デッサンになって、受験直前の立美の授業では、ガラス製品とか、つるつるしていて反射して映るものなどを多く描いたので。本番も部屋に入ってすぐ映り込みを探していました。結局、樽の下の縁に布のストライプがうっすら映るぐらいしかなくてがっかりしましたが、そのところは意地でも描こうと思いました。ムサビの試験時間は三時間しかないですが、30分ぐらいは確認する時間が出来るようなペース配分にしました。当日の部屋の明かりはそれぞれまちまちなので、自分で光の設定や演出が出来ないと難しいかもしれません。僕の場合は窓際でカーテンが全開の前光でした。平面構成はノリと勇気と気合いです。

 

斎藤 綾
東京・私立日本大学第三高等学校卒業

武蔵野美術大学 工芸工業デザイン科合格


●タチビでの受験生活
私は3年間タチビにいて、そのうち2年間を基礎科、最後の1年間をデザイン科で過ごしました。デザイン科に通って思ったことが2つあります。1つ目は、なるべく早くから受験科に入った方が良いということです。受験科の先輩方はレベルも意欲も高いので、自分が最終的にどのレベルまで到達しなければならないのかが分かります。基礎科は楽しかったですが、早めに受験科に行った方が良かったなと思いました。
2つ目は、沢山先生に質問、相談した方がいいということです。私の平面構成は何故かダサくて、そのことを先生に相談したら「緊張感が足りないんじゃない?」と教えて頂きました。緊張感ってなんだ?と思ったので質問したら、私がわかるまで図を描いて説明してくれました。先生のおかげで、緊張感と、それに関係する粗密と面積比を理解することができました。基礎を学んでもしっかり理解していないと使えないので、自分がわかるまで先生に聞いておいた方がいいです。そして、実技に役立ったことについてですが、デッサンでは参作の解説を先生にして頂くと良いです。自分で見ても最初は、すごいなーうまいなーどうやってかいてるんだろうなー、と思うぐらいだと思います。先生に解説してもらうと、どうやってこの色を出しているとか、どこにどの鉛筆を使っているとか、どういうタッチが入っているのか、そのタッチによってどのような見え方になるのか、など色んな描き方を学べます。私も解説してもらって、デッサンが大分上達しました! 後は面を綺麗に塗ることです。最初はそんなことで変わるかと思ってたんですが、後々鉛筆の線が残ることがどれだけクオリティを下げるか分かりました。面をきれいに塗るなんて、春夏に言われることなのに、私は入試直前まで言われていました。面倒くさがりだったり雑になってしまう人、本当に作業は丁寧にやった方がいいです!
最後になりますが、タチビのいい所は先生に何でも聞けることです。聞いたら皆丁寧に答えて下さいます。学生講師の先生は年齢も近く、聞きやすいと思います。沢山聞いて教えて貰って下さい!

●入試本番で思ったこと
入試を受ける時は、周りの人の作品をよく見た方がいいです。 理由は、課題文の読み間違いに気付くし、被りそうな案を避けたりできるからです。また、試験当日は緊張していると思いますが、落ち着いて課題文を何度も読み返して下さい。制作中、トイレに行く時、大学の壁の素材やドアノブの映り込みとか、ヒントになるものがある時もあるので、周りをよく見ることが大切だと思いました。

 

斎藤 菜都子
神奈川・県立座間高等学校卒業

多摩美術大学 グラフィックデザイン学科合格
多摩美術大学 情報デザイン学科合格
東京造形大学 デザイン学科グラフィックデザイン専攻合格
東京造形大学 デザイン学科メディアデザイン専攻合格
女子美術大学 工芸科合格 

●受かるとは思わなかった
高校3年になった時点で、デッサンはまだなんとか形になっていました。週一回のコースだったけれど、基礎科でやっていたことが活きていました。いろんな科の違う視点や作品があって、描いていておもしろかったです。基礎はものすごく大切だと思います。ただ、平面構成は本当に描けども描けども分かりませんでした。12月頃に振り返って、4月に描いた作品の方が良くないか?と思ったりしました。今までのは一体?と思ったけれど、そんなことはありませんでした。毎日立美に通う内に、面積比や明度計画など、できることは増えていました。自分では迷走していると思っていても、技術はしっかり得られていました。
秋頃に、緊張から体調を崩すことが増えてしまいました。不甲斐なくて、これは全部落ちるな、と思いましたが、そこからが長かったです。その時点で、センターまであと3ヶ月でした。その後、デザイン科内のデッサンのコンクールで1位をとりました。自分が綺麗だなと 思うものを描けたのがよかったのだと思います。この時、まだもしかしたらいけるんじゃないか、と思いました。それからいろいろ試して、失敗の方が多かったけれど、ぽつぽつ良い作品も出ました。評価された作品を見ると、共通点がありました。力強いとかそういうのより、綺麗だったり柔らかいもの、自然な感じのものが多かったです。スマホの画像欄もそういうイメージのものばかりでした。好きこそ物の上手なれ、でした。
しかし既に残り1ヶ月を切っていました。描きたい方向性は分かっても、それを毎回表現できる訳ではありませんでした。この時期、思い悩んだ時に、親身になって相談に乗って下さる立美の先生方がいてくれてよかったです。私はあまり話すほうではなかったけれど、先生はいつでも丁寧にアドバイスをしてくれました。また、講評も本当に参考になりました。
絵でも何にしても、勉強ができる環境にいられることは恵まれていると思います。デザインや絵で人の役に立てる、楽しませることは難しいですが、志望校に合格したことでやっとスタートラインなんだと思います。一年間お世話になりました。

●やってきたことしかできない
入試で大切なことは、いかに描きたいイメージを分かりやすく魅力的に描いて、完成させられるかだと思います。
多摩美のメディア芸術の入試は、自由度が高い課題でしたが、問題に対する解釈や答え方には気を使いました。多摩美グラフィックの平面では、花の華やかさが出るよう色数を多くし、普段立美でやっていた平面を少しアレンジしました。デッサンは繊細で光が美しい作品にする為、女性が民芸品を作っているイメージで、そんなものあるのか?と思いましたが、自分が描きたいものを思い切り描きました。多摩美グラフィックには受かると思っていなかったので、大胆な気持ちで入試に臨めたのが良かったのだと思います。

 

日笠山 りえか
東京・私立武蔵野女学院高等学校卒業

武蔵野美術大学 基礎デザイン学科合格
多摩美術大学 グラフィックデザイン学科合格
多摩美術大学 統合デザイン学科合格

●石コロの悪あがき
高3はとにかくその一日一日を泳ぎきるのに精一杯だった。上手い同年代や浪人生を見 て、早く上手くならなきゃという焦りと、浪人できないのに今年で受かるのかという不安から胃が壊れたし、安定せず上段下段をうろちょろする自分の作品が嫌にもなった。
しかし、里先生の小論文の授業を受けて「なるほど自分は、そこらへんに落ちてるただの石ッコロだったのかァ。」と気づき、焦りと不安の根底にあった変な自己意識やプライドが消え、とても素直な気持ちで絵に向かえるようになれた。入試でも途中からそのことを思い出し、石コロの悪あがきのつもりで必死に描いたら何とかタマグラに滑り込めた。甘えの中にいた私をバッサリ斬ってくれた、先生と小論授業のゲストの方々には心から感謝している。あがいた結果、石コロが割れてタマビの教授に中身を見せられたのだと信じたい。
この一年のデザイン科の課題に関しては、じっくり自分に向き合える貴重な時間を過ごせると思ったので、一枚一枚を大切に描いて、自分の変化や講評で言われたことは取りこぼさないよう、なるべく全部ノートや日記に記録しておくようにした。そんななかでも漫画は描き続けていたかったので、日記は漫画形式にしたりした。苦しく濃密な時間だった証拠に、直前期の日記はいいネタが多く、今見返しても面白い。立美での生活や授業を通して、私は「自分の中身」「性別」「受け入れたい/受け入れられたい」という自分にとってのキーワードを見つけることが出来た。立美祭ではそれらを意識する前だったが、一人称というメディアを使って、不完全ながらもそれらをひとつの形にし、銅賞を貰うことができた。受験を終えた今ならそれらのテーマをもっと違う形に料理できると思う。
本当に充実した一年だった。生徒一人一人を丁寧に見てくれたデザイン科の先生方と、里先生とゲストの方々、支えてくれた親と妹に心から感謝し、創作活動で生きていける未来を掴むことを目標に、大学生活に望みたい。

●皆上手いのは当たり前
最初に受けたムサビは、回りのクオリティに焦りボロボロの作品を描いてしまい、悔しさで夜も眠れなかった。なので、後半のタマビでは「自分より上手い人がいるのは当たり前だ、今自分が出来ることをやり切るしかない。」と開き直り作品に向き合うことにした。
また、学科実技問わず、自創作で一番好きなキャラを紙の端に描き、それから始めることにした。好きなものをササッと描いておくとお守りになるので是非オススメしたい。

 

foot