BLOG ブログ

油絵科 合格者メッセージ

油絵科 美術系受験 一年間の歩み

油絵科 合格者メッセージ

原田樹さん

都立国立高等学校

  • 多摩美術大学 絵画学科 油画専攻 合格
  • 武蔵野美術大学 絵画学科 油絵専攻 合格
  • 東京造形大学 美術学科 絵画専攻領域 合格

私は高3の4月から立美の油絵科に通い始めました。早くはないスタートでとても不安でしたが、先生が誰と比べるでもなく私の作品を見て指導してくれたため、少しづつ自信がつきました。また、先生がとても気安い雰囲気なので、疑問に思ったことをなんでも話せたし、ちょっとした心配も親身に聞いてくれたから、もやもやを残さず日々制作できました。そして、自分に合った訓練も提案してくれたので、苦手を克服できました。
受験期の一番の反省は、絵画やアート作品に興味を持つのが遅かったことです。11月に入ってから、やっとネットや画集で絵を見るようになりました。自分ひとりの頭から作品をひねり出していたら行き詰まるし成長も遅いので、たくさん絵を見るべきでした。
画材に途中までこだわっていなかったことも反省の一つです。画材が増えれば表現の幅が広がるので、木炭も油絵もいろいろ試すのがおすすめです。
やって良かったことは、勉強です。超嫌だし楽しくないですが、やっていればとっても受験が有利になります。
また、形を取るクロッキーを続けていたことも役に立ちました。形を取る練習は、思い通りに絵を描く力を与えてくれます。
何より一番大事なのは、一枚一枚の絵と真剣に向き合い納得いくように完成させることだと思います。塾の課題ではありますが、自分の作品としてプライドをもって描いていました。
他の人の絵ばかりがよく見えて、自分の個性や方向が分からず悩んだり、成長のない自分に失望したり苦しみましたが、その分強くなれた一年でした。これからも目標に向けて絵を描いていこうと思います!